announcementお知らせ

  • 2017年11月30日

    【新刊】「[図解]アンガーマネジメント超入門「怒り」が消える心のトレーニング33」発売のお知らせ

    本日「[図解]アンガーマネジメント超入門「怒り」が消える心のトレーニング33」が発売となりました。全国のローソン、ファミリーマートでの限定販売となります。一般書店、ネット書店では購入できませんこと、悪しからずご了承下さい。

  • 2017年10月8日

    日刊スポーツで連載スタート

    本日より、日刊スポーツにて「アンガーマネジメント入門 怒りの処方箋」ということで日刊連載がスタートします。日刊スポーツのWEBサイトでもタイミングは少しずれますが本文を読むことができます。

  • 2017年10月6日

    【新刊】「誰にでもできるアンガーマネジメント」発売のお知らせ

    10月10日(火)に「誰にでもできるアンガーマネジメント」(ベストセラーズ)が発売となります。

    本書は2014年11月に発売された「イラッとしない思考術」(KKベストセラーズ)に大幅に手をいれて文庫化したものです。

    ーーー

    怒らないことが目的ではなく、怒る必要のあることは上手に怒り、
    怒る必要のないことは怒らなくて済むように線引きする

    本書のテーマである『アンガーマネジメント』は、1970年代にアメリカで生まれた「怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング」です。

    怒らないことが目的ではなく、怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになる。その線引きができるようになることを目的とします。つまり、怒っても良いというのが大前提です。なぜなら、怒りの感情は人間に備わっている、自然な感情のひとつだからです。

    本書では「怒るな」「怒ってはダメ」ということは一切言いません。

    「怒りの感情に対して、どのように考えればよいか?」
    「普段のストレスから解放されるには、どうすればよいか?」
    「怒る場合、その後の人間関係を壊さないためにはどうすればよいか?」
    「ムダにイライラしない人は、どのように普段から考えているのか?」
    「上手に怒るというのは、どういうことか?」

    といったことをテーマにしています。

    『アンガーマネジメント』は心理トレーニングですが、本書では、ムダにイライラしないためには、そもそもどのように考えればよいのか、その心の持ちよう、思考方法について焦点を当てています。思考方法ですから、ちょっとした考え方のコツをつかめば、誰にでもすぐにできて、効果があがる内容になっています。後悔の多い一日を送らないために、あなたもほんの少しだけ考え方、思考方法に工夫をしてみましょう。それだけでムダにイライラしなくて済みます。

    本書を読んで「怒りの感情と上手に付き合える」ようになっていただければ幸いです。

    ーーー

  • 2017年9月4日

    【新刊】○×まんがでスッキリわかる もう怒らない本 発売のお知らせ

    「○×まんがでスッキリわかる もう怒らない本」が9月14日に発売されます。

    amazonから予約注文も可能になっておりますので、是非、ご一読ください。
    ご購入はこちらから

    ——————————————————–
    ◯「ムダに怒らない人」、×「怒りで失敗する人」違いがわかれば、うまくいく!
    話題の心理トレーニング・アンガーマネジメントの要点がスッキリわかります。

    アンガーマネジメントとは、アンガー(=イライラ、怒りの感情)をマネジメントする(=上手に付き合う)ためのスキル。
    ・人間関係でトラブルにならないため
    ・職場でイライラせず効率的に仕事をするため
    ・スポーツ選手が、実力を発揮するため
    ・子育てで不必要にイライラしないため……etc.
    よりよい生活、仕事、人間関係を手に入れるために、学ぶ人が増えています。

    本書は「○×まんが」方式で、アンガーマネジメントの要点がスッキリわかる1冊。
    「怒り」をマネジメントすれば「思わずキレちゃった」という悩みも「言いたいことを言えなかった」という悩みもスッキリ解消します。
    ——————————————————–

    ご購入はこちらから

  • 2017年7月27日

    ホームページリニューアルのお知らせ

    いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
    このたび、ホームページをより見やすくご利用いただけるように、ホームページのリニューアルを行いましたのでお知らせします。
    デザインに変更の他、ナビゲーションもより便利にお使いいただけるようになりました。

    今後とも、より良い情報を提供致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。