アンガーマネジメント入門Kindle版配信開始



拙著「アンガーマネジメント入門」(朝日文庫)のKindle(電子書籍)版が今日から配信となりました。

僕は本は紙版の方が速く読める。慣れなのか、形なのかわからないけど、とにかく紙版の本の方が速く読める。Kindle版はどうしても読書のスピードが落ちてしまうのだ。

だけど、ほとんどの書籍は今はKindle版で買っている。Kindle版がなければ紙版を買うけど、Kindle版があるのに紙版の本を買うことはまずない。

それはもう持ち運びのしやすさにつきる。Kindle版であればとりあえず買っておいてiPadに入れておいて、読みたい時にさっと読める利便性は紙版にはない。

僕は本は読みたい時、読みたくない時の気持ちの差があるので、今読みたいと思った時に、さっと読めないと何となく嫌なのだ。読みたくない時に読んでもスピードは上がらないし、そもそも頭にも残らない。

それから、Kindle版の良いところは、資料性が高いところ。調べたいことを簡単に検索できる。これが原稿書いたりする時に本当に便利。付箋ってその時は大切に思っても、後から見ると、何でこんなところに付箋をはってるんだ?と思うことがよくあるし、その逆もよくある。

自分で付箋を貼ったと思って必死に探すけど、そもそも付箋を貼っていないなんてこともしょっちゅうだ。でも、検索機能があれば、こんなトホホなことにはならない。

「アンガーマネジメント」(朝日文庫)は2008年に僕が処女作として出版した「アンガー・マネジメント」(大和出版)に加筆修正したもの。オリジナルの「アンガー・マネジメント」はAmazonでプレミアがついて3,000円以上もしたりしている。文庫版が発売されたから、もう別に文庫版でいいんじゃないかと思わないでもないけど、そういう需要があるのかな。

文庫版でも持ち運びやすいけど、Kindle版はもっと運びやすい。それこそiphone、androidなどのスマホでも読めてしまう。この機会にぜひお買い求めいただければ嬉しいです。