香港和僑会で講演


12月5日に香港和僑会でアンガーマネジメントの講演をさせていただく機会をいただきました。嬉しいことに50名の満席での講演となりました。

実は香港は以前、本当に住もうと思ってマンションを探していたくらい好きな場所の一つです。今年から中国でアンガーマネジメントを広めると活動を始めていますが、香港でも講演ができたことがとても嬉しいです。

香港の魅力はなんと言ってもその街の活力。香港にいるだけで、僕は「やったるぞ!」という気持ちになぜかなれるんですよね。今回、2年ぶりに香港に行ったのですが、相変わらず元気がよく、この街には不景気という言葉はないのか?と思います。実際は経済が不調な時期もあるのですが、いつもそれを感じません。

それから物価も確実に上がっています。今回、ついでにマカオにも立ち寄ったのですが、本当に物価が高かった。数年前とはくらべものにならないくらい高くなっています。つくづく日本はデフレなんだなと再認識しました。

勢いがあり、物価が良い意味でどんどん上がっていく都市に行く度に、日本はどうにしかしなければいけないと真剣に思います。

本当に日本は物価の安い国ですよ。みんなして物価を上げ、給料を上げ、経済を動かしていかないと、いずれ日本人のほとんどは海外に出ていくことなんて、コストが高すぎてできなくなってしまうかもしれません。。。

今回も「やったるぞ!」と気持ちが上がったので、自分なりに社会に貢献できることをコツコツと重ねていきます。

それにしても、制度とか規制とは根本に変えないといけないというか、メンタリティを変えないと本当にいけない時期にきているのかもしれないですね。