あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしいる5人の平均である


あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である。
Jim Rohn

2012年とちょっと古いけど、本当にその通りだなと思ったlifehackerの記事から。

自分は、多くの時間をともに過ごしてる5人の平均なのです。自分の周りにいる人が、自分の考え方や行動、極端に言えば人生の成功までも決めているのです。

困難に立ち向かっても負けないようにする確実な方法は、正しい人(自分にとって良い人)のそばにいることです。

うんうん、と頷くことだらけだ。

多くの人が人生で成功を夢見ていると思う。だけど、夢を叶えられる人は少数派だと思う。多くの人は、まあ自分の人生なんてこれくらいのものかとどこかで折り合いをつけて生きていく。

もちろん、どこかで折り合いをつけることもとても大事なのだけど、一方で折り合いをつけてしまったらつまらないなと僕は思う。

僕は20代で年収400万円の頃、一番多く時間を過ごしているのは年収400万円の同僚や友達だった。その時は年収1000万円なんて稼ぐことなんて遠い先の将来のことだと思っていたし、当時の先輩に35歳で年収1000万円になりたいって話をしたら、そんなのできるわけないと言われてたのを覚えている。その先輩は優しくて、とても良い人だったけどね。

自分が起業して、周りが起業家だらけになってくると、今度は稼いでいるのが当たり前の世界になってくる。今までは自分とは別の世界の話だと思っていたのに、自分にとって身近な話となり、具体的なものになってくる。

ご飯を食べに行く店が変わるし、紹介される人たちも変わってくる。正直、味音痴を自称する僕にとっては居酒屋チェーンも麻布の小洒落たレストランも大して変わりはないのだけどね。

つまらない人たちに囲まれて、つまらない人間になるのではなく、良い人の影響を受けるようにしましょう。

自分の人間関係を疑うのは骨が折れる。良い悪いは別にして、今いる人間関係を壊すのってすごく労力やストレスがかかるからだ。DV被害者だって、DVから逃れたいと思っているのに、「優しいとこもあるから」と周りが呆れるような理由を言って離れることができない人が多い。

今の人間関係を断ち切るのには相当の勇気がいる。でもその勇気のなさは、自分が成功したいと思うことへの勇気のなさなんだろうな。

不思議に思うかもしれないけど、多くの人は成功恐怖症だ。成功したいと思っているのに、心のどこかで「このままでいい、このままがいい」って自分に言い聞かせているとしか思えない。

まあ、僕にもそういうところはあるのだけど。

起業してからいろいろな人を見てきたけど、成功するのって実力だけではどうにもならないことは理解しているつもりだ。

なんであんなに実力がって、頭の回転が早いのに、目が出ないのだろう、あるいは失速してしまうのだろうと思う人は山ほどいる。

一方で実力も頭のキレもそこそこなのに、追い風に乗ってぐんぐん成長していく人もいる。

人生は本当にわからない。でも、運と環境、この2つが人生の成功に大きく関係していることは間違いない。