[図解] アンガーマネジメント超入門 怒りが消える心のトレーニング


この度、僕の10年間の集大成となる本が完成しました。

[図解] アンガーマネジメント超入門 怒りが消える心のトレーニング安藤俊介著 ディスカヴァー・トゥエンティワン

僕は2008年9月に初めて本を出版しました。そこから20冊以上の本を出版してきましたが、10年のちょうど節目である今月に集大成となる本を出せることは本当に個人的にも嬉しいです。

本書はコンビニで発売し、たちまち5万部以上売れた本に大幅に加筆修正をし、1章をまるまる追加したものです。

本書はあまり普段本を読まない人向けに書いて欲しいと言われて書いた本です。コンビニで手軽に本をとってもらえるように難しいことを削りつつも、正確性を失わずに、わかりやすさを最優先で作りました。

僕としてみれば、ちょっと簡単に書きすぎているかなという印象もあったのですが、結果、僕の本の中で最も売れた本となりました。。。

本づくって本当に難しいですね(汗)

売れる本が良い本とは必ずしも限らないと思っているのですが、売れる本には売れる本の理由があります。本書で言えば、わかりやすさとカバーしている網羅性です。

この1冊で今のアンガーマネジメントの領域すべてをカバーしていると自負しています。

そしてこの10年の集大成ということで、僕が一体誰に向けてずっとアンガーマネジメントを発信してきたのか、考え続けてきたのかを最後に書きました。

よく本は誰か一人のことを思い浮かべて書きなさいと言います。歌手の宇多田ヒカルさんも皆のために曲を書いているわけではなく、特定の一人を思い浮かべて曲を書いていると話していました。

僕もこの10年、ずっとある人に向けて本を書き続けてきました。それはとても個人的な思いでした。

あの人が36歳の時にこの本を読んだら、どう思うのだろうか。僕と同じ歳の46歳の時にこの本を読んだら、人生は変わるのだろうかと。そして、彼の周りの人の人生も違ったものになっていたのかなと。

おそらくこの文章を読んでいることでしょう。どうして僕をこんなに受け入れてくれないのだろうと深く悩み、苦しみ、憎しみを持ったことだって正直ありました。

僕がアンガーマネジメントを深く理解するまでの人生は、ひたすら安藤の血に抗うことばかりを考えていました。

でも、いろいろなことがあった結果、今の人生は僕にとってこれ以上うまくいくことが想像できないくらい恵まれ、うまくいき、幸せに生きられています。

今から僕ができることは限られていますが、これまでにどのようなことがあったとしても後悔なく、これからの人生がもっと幸せに満ち溢れたものになって欲しいと思っています。

心からそう思えるようになるまで、僕もなんだかんだと言いながら30年かかりました。僕と同じ思いを持ったことがある全ての人に本書を捧げます。

本日発売です。ぜひお近くの書店でお買い求め下さい。

よろしくお願いします!