マニュアルは読まない派


基本的にマニュアルは読まない派だ。

正確に言えば、マニュアルは読めない派だ。なんだかよくわらからないけど、マニュアルがどうにも読めない。読んでいるうちは理解しているような気もするのだけど、ある程度読み進めたところで、「あー、やっぱりよくわからない」となって、読むのをやめてしまう。

本は結構読む方だと思うし、読むのも割りと早い方だと思う。でも、マニュアルや説明書の類はどうにも苦手だ。メーカーにしてみれば、工夫や研究をして、僕のようなマニュアル苦手マンにもわかるように親切にわかりやすく書いていると思う。でも、どうにも理解できないのだ。

マニュアルってなんであんなに頭に入らないのだろうか?
それともこれは僕だけのことなのだろうか。

車のナビなんて最たるものだ。車を買う前は高機能なナビの方がいいななんて思っているくせに、いざ買ってみると、本当に最低限のことしかできない。目的地を入力して、そこに向かうだけ。それにしたって、時間、距離、有料道路の可否などの優先順位の選び方もよくわからない。目的ルートとして一番上に表示されるものを単純に選ぶだけだ。

CDを入れるとハードディスクに読み込んでくれて、次回からはCDを入れなくてもいいらしいのだが、もう車買って2年近く経つのに、いまだにやり方がわからない。それから画面を分割して、それぞれにいろいろと表示させることもできるらしいのだが、それもほとんどデフォルトのままだ。

それなのに何か買うときはできるだけ高機能なものを欲しいと思ってしまう。実際買っても、マニュアルなんてほぼ見ないのを知っているのに。

別にマニュアルを見なくても、今時の機械類は優秀だからなんとなく使えるようにはなっている。だからとりたてて困るということがない。下手に最低限のことができてしまう分、さらにマニュアルを読もうという気持ちがなくなる。

いっそのこと直感的に使えなくなれば、マニュアルを読むようになるのか。でも、そんな機械は不便で嫌だな。

つい先日もあるガジェットを買い、マニュアルを見ずに適当にセットアップしてしまった。あー、マニュアル見ればもっといろいろなことができるんだろうなーと思いつつ、やっぱりマニュアルは見ないんだろうな。マニュアル見れば、もっとできることがいっぱいあることはわかっているのにな。それでも見ないんだろうな。