フィリピン ケソン市で1000人以上のタクシー運転手がアンガーマネジメントを受講


フィリピンのケソン市でLTFRB(交通局?)が主催で、1000人以上のタクシー運転手がアンガーマネジメントを受講したと報じられています。

最近、タクシー運転手の乗客に対する態度が問題なり、クレームが起きることが多々あり、それを受けて、クレーム、交通事故の減少を目的にしているとのことです。

セミナーでは、ダッシュボードに家族の写真などを置くなどの方法が紹介されたようです。

1000人以上のタクシー運転手が受講するというのはかなり大掛かりですね。それくらいクレームなどが多く、無視できなくなってきているということなのでしょう。

ダッシュボードに家族の写真を置くというのは、衝動をコントロールする上で有効です。自分のまわりに大切な人の写真、好きなものなどを置き、イラッとした時にそれを見て冷静になろうという試みです。

Taxi drivers learn good manners, anger management (英語記事)