犬に大怪我を負わせたとしてアンガーマネジメント命令がでる


ピッツバーグで、男が子犬を蹴り、大怪我を負わせたとしてアンガーマネジメント命令がでたというニュースです。

愛犬家として、シェアをするのを躊躇するくらいの怒りを感じますが、こういうケースもあるということでシェアします。

記事要約:
ザッカリー・グラント・ギャノン(21歳)は、叔母の8ヶ月のボクサーテリアがそこら中でおしっこをすることに腹を立て、子犬が足を切断しなければいけないほど蹴った。この罪で、男は900ドル以上の罰金、アンガーマネジメント命令を受けた。そして、この罪は生涯記録として彼の人生に残ることになった。

Man Sentenced To Anger Mgmt. Classes For Brutally Kicking Puppy(英語記事)