親の介護費用を補償 離職予防へ損保ジャパンが新保険


親の介護費用を補償 離職予防へ損保ジャパンが新保険

介護をきっかけに大きく働き方が変わった人たちが周りに出始める年代になりました。需要は非常に大きいと思いますが、逆に需要が大きすぎて保険商品として、いつまでも成立するのかとも思います。

損害保険ジャパン日本興亜が、親の介護費用を補償する保険を開発し、10月から販売することが12日、分かった。本人が要介護状態になることに備える保険はこれまでもあったが、親の介護に子供が備える保険は業界で初めてという。高齢化が進み年間約10万人が親の介護を理由に離職や転職を余儀なくされている中、新たなセーフティーネットとして注目を集めそうだ。