ネットフリックスが密かに狙う出版ビジネスの覇権


ネットフリックスが密かに狙う出版ビジネスの覇権

一つのコンテンツを映画、小説、コミックなどに多展開するのはありですね。ゼロからコンテンツをつくるよりも手間はかからないです。

ネットフリックスが出版ビジネスへの参入を進めている。同社は6月、人気オリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」のライセンス契約をランダムハウスとダークホースコミックスの出版2社と締結した。前者からはヤングアダルト向けの一般書籍、後者からは・・・