「あおり運転」「危険運転」に遭遇しても、絶対やってはいけないこと(安藤 俊介) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)


「あおり運転」「危険運転」に遭遇しても、絶対やってはいけないこと(安藤 俊介) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

明日からお盆休暇が始まる人も多いでしょう。お盆と言えば渋滞等、車にまつわるトラブルが多発するタイミングです。 車の運転は好き、嫌いに関わらず多くの人にとってはストレスにさらされる... #NewsPicks https://t.co/2sk1U6RzAe

危険運転で、ついに国内で初めて殺人罪で起訴されるドライバーが出た。大阪府堺市で7月2日、バイクに乗っていた大学生の高田拓海さん(22歳)に追突し、彼を死なせた、中村精寛被告(40歳)だ。問題は、酔っていたとはいえ、「なぜ被告は自分の運転が記録されているのに、相手を死に至らしめるような危険運転を行なったのか?」ということだ。運転中のこのような加害行為や報復行為は、「ロードレイジ」と呼ばれている。