人事院:65歳へ段階的に 国家公務員定年延長の意見書 – 毎日新聞


人事院:65歳へ段階的に 国家公務員定年延長の意見書 – 毎日新聞

年金の支給額を段階的に上げていくなら、定年延長も段階的に上げていくのが必要という考えなのでしょう。定年を上げるよりも、人材の流動性を高くして、一つの会社にとどまることの方が珍しい... #NewsPicks https://t.co/NMoPSepHD2

 人事院は10日、政府と国会に対し、国家公務員の定年を現行の60歳から段階的に65歳へ引き上げる国家公務員法改正を求める意見書を提出した。60歳以上の職員の年間給与は60歳前から3割カットするほか、管理職からは降格させ、後進にポストを譲る役職定年制を導入すべきだとしている。政府は2021年度から3年