台湾脱線事故の車両に設計ミス 製造元の日本企業が発表


台湾脱線事故の車両に設計ミス 製造元の日本企業が発表

日本の鉄道技術といえば安全神話があると思います。海外への販売も価格では中国には勝てませんが、安全性で大きな優位性を持っていました。その安全性が疑われるようなことがあると、今後の海外... #NewsPicks https://t.co/zPWk42FNUP

台湾東部の宜蘭県で先月起きた脱線事故で、特急「プユマ号」をつくった日本車両製造(名古屋市)は1日、車両に設計ミスがあったと発表した。本来は運転士が安全装置を切ると、その情報が運行を管理する指令に自動…