楽天「第4の携帯会社」に向け攻勢、人海戦術でエリア整備を前倒しへ


楽天「第4の携帯会社」に向け攻勢、人海戦術でエリア整備を前倒しへ

人海戦術ができるっていうのも事業では大きな競争優位の一つですよね。

楽天は"第4の携帯電話キャリア"として、2019年10月に自社設備による携帯電話サービスを展開する予定ですが、現状での経過が説明されました。 これは、同社が11月8日に実施した2018年度第3四半期決算会見の中で、通信事業を統括する山田善久副社長からの解説があったもの。「携帯電話事業に必要な周波数免許の割り当ては、4月に完了しており、基地局などの設備を展開する事業者の選定も済ませている」と語...