スバル、残業代未払い7.7億円 過労自殺から判明


スバル、残業代未払い7.7億円 過労自殺から判明

昨年の不正検査問題から、いろいろとでてきますね。

自動車大手スバルが2015年から17年にかけて、社員3421人に計7億7千万円の残業代を払っていなかったことが、24日わかった。16年に男性社員が過労自殺し、その後の社内調査で昨年1月までに判明した…